| メイン |

2011年03月28日

シリーズ「人類の部族移動」その3~南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生 ~

%E7%B8%84%E6%96%87%E9%A1%94%E3%81%A8%E5%BC%A5%E7%94%9F%E9%A1%941.jpg
画像はこちらよりお借りしました
%E7%B8%84%E6%96%87%E4%BA%BA%E3%81%A8%E5%BC%A5%E7%94%9F%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%AA%A8%E6%A0%BC.jpg
画像はこちらよりお借りしました
これまで
シリーズ「人類の部族移動」その1~人類史を追求する意義と視点
前回
シリーズ「人類の部族移動」その2~モンゴロイドの誕生と拡散~
ここでは日本人には多種多様な系統がある。また、最も主流を占めているのが、“D2”であり、次に“O2b”で、南方のフィリピン方面からの“C1”や北方の樺太方面からの“C3”の系統は少数派であることが解る・・・でした。
今回はこのD系O系の南方系モンゴロイドの部族移動に着目して追求します。
ところで
上図の骨格は縄文人と渡来系弥生人(騎馬民族系)との比較です。一般にはこういわれています。
・古(南方)モンゴロイドは、南方系で背が高く手足も長く体の表面積に比べて表面積が広いので体温を奪われやすく寒さに弱い。顔も彫が深い。
・新(北方)モンゴロイドは、北方系で手足が短く背も低いので熱効率がよく寒さに強い。顔も扁平である。 :P (いわゆるずんぐりむっくり) :blush:
ただ最初に日本列島で暮らし始めたのは縄文人であることは間違いありません。
骨の形をみるとどうやら縄文人は南方系の適応をしています。
我々の祖先の縄文人は南方系か北方系か?どちらなのでしょうか?
その参考になる投稿を紹介します。
’10年末なんで屋劇場レポート3~南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生

●南方モンゴロイドの拡散
他方、南方のモンゴロイドは温暖湿潤で豊かなスンダランドを中心に、大きな移動を起こすこともなく、定着して南方に適応的な形質を強めていったが、1.4万年前から6千年前の温暖期には、極地の氷床が溶け出したことでスンダランドの海没が始まり、南方モンゴロイドの拡散が始まる。
その内の一派は太平洋へと乗り出していき、ポリネシア、メラネシア人となり、インドへと流れ込んだ一派がドラヴィダ人となり、中国へ進出した人々が現在につながる原中国人となった。(バイカル湖周辺にいた北方モンゴロイドも南下し合流したと思われるが、前述の通り免疫力に劣るため、少数派となった。)
また1.4万年前の温暖期に、D祖型のモンゴロイドがスンダランドからモンゴル高原へと進出した。しかしそのすぐ後、1.3~1.1万年前の極寒化に伴い、一方では西回りにチベット方面へ、もう一方では東回りに南下し朝鮮半島を越えて日本へとやって来た。前者は、チベット族(D1,D2)となり、後者は縄文人(D2)となった。
以上、南方系モンゴロイドの系譜を模式図にまとめる。
%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95zukai%E7%94%A8.JPG

この表で楕円で囲んだところが新(O3系)旧(D系)少数派(C3系)のモンゴロイドである。
下図ではy染色体の系統分析でのルーツでは、日本人には縄文人の特徴を示す(D2)が主流であり、北方騎馬民族の特徴を示す(O3)の因子ももっていることがわかる。 :roll: :roll:

%EF%BC%B9%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%B3%BB%E7%B5%B1%E5%88%86%E6%9E%90.jpg

●新しい北方適応モンゴロイド=新モンゴロイドの登場
1万年前、温暖化すると、スンダランドからパミール高原・タリム盆地に北上していたO型モンゴロイドがさらに北上してアルタイ山脈・モンゴル高原に進出し、新たに北方適応したO3タイプの北方モンゴロイドとなる。このタイプが後のトルコ族、モンゴル族、ツングース族といった現存する北方モンゴロイドの祖となる。この新しく登場し、現在につながる北方モンゴロイドをほとんどが絶滅してしまったC型の旧い北方モンゴロイドと区別するために新モンゴロイドと呼ぶことにする。このO3モンゴロイドはこの後、中国へ進出すると、豚の家畜化に伴って強い免疫力を獲得したためと思われるが、中国人の主流となって行く。現存する中国人は、華北では66%、華南でも33%、チベットでも33%がO3タイプである。
ただし、日本ではO3タイプの比率はそれほど多くなく、都道府県によるばらつきはあるが、24~14%といったところである。これは同じO3タイプでも免疫力を獲得しないまま日本に到着したためと考えられる。(免疫力の強さと遺伝子タイプは必ずしも一致しないと考えらるべきだろう。)

1.4万年前の温暖期に、D祖型のモンゴロイドがスンダランドからモンゴル高原へと進出した。それが日本に渡った。それはアイヌも同様である。縄文人の系統はD系統が主流であり、その系統はもともと南方系であることがわかる。その後このy染色体の型が示すように弥生系渡来人と混血していったことがわかる。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ
分子生物学の観点からも面白いデータが見つかりました。
つづきます。

 にほんブログ村 歴史ブログへ


日本人の源流を探してより

ATLウィルスというのは、1980年日沼頼夫によって発見された成人T細胞白血病の病原となるウィルスである。その感染者であるが、発病に到っていない人たちをキャリアという。そのキャリアの日本付近の分布が次の図である。
ATLwirusukyaria_R.jpgこちらよりお借りしました 
これを見ると、まず大陸にはキャリアはいない。日本でも北海道のアイヌと琉球人や九州地方、日本列島の島嶼や沿岸部で分布が濃厚である。
 また世界的に見ると、ここには示していないが、太平洋地域ではバヌアツやパプア・ニューギニアに分布し、オーストラリアのアボリジニーの中にもキャリアがいる。ほかには南米アンデスのインディオにもキャリアの存在が確認されている。

イヌはオオカミが家畜化したものである。おそらくオオカミが餌を求めてヒトに近づいたのが、その始まりであったという。一方、ヒトのほうも、猛獣の夜襲などに対する警戒用として、共生の価値を見出したのであろう。(ジャッカル-イヌ祖先説は、体重に対する脳の重量比とか歯型の比較から、否定される。)
 日本で最も古いイヌの骨は、神奈川県横須賀市の夏島貝塚から出土した、9200年前のものである。当時、日本にもオオカミが生息していたが、体型が大型であったのに対し、日本のイヌは小型(現在の柴犬と同じくらい)で、中型のものも発掘されていない。 したがって、日本のイヌは日本オオカミが家畜化したものではなく、日本に渡来したヒトが連れてきたものに違いない。だから、日本のイヌの歴史は更に古く、縄文時代の初め、乃至はもっと以前まで遡る可能性は十分にある。
inu_sannpu_zu1.jpg
こちらよりお借りしました
この図は、田名部の右の図から、主要な、古来からのイヌだけを抜き出し、プロットしたものである。煩わしい多数の犬種は日本犬種群や西洋犬種群として、分布範囲を示すにとどめた。
 こうすることによって、このグラフから次の点が読み取れるようになった。
1)珍島犬や済州島犬、エスキモー犬は、犬の遺伝的系統としては、極めて例外的な犬であり、むしろこのような分析から外したほうがよい。
2)世界のイヌの大半は、上のグラフの右上から下中央部に至る遺伝的分布の中にある。
3)その分布の上方には北方系のイヌが位置し、下方には南方系のイヌがプロットされる。
4)北海道犬と琉球犬は遺伝的に近い関係にある。
5)両犬とも、居住地域の地理的位置に比べ、遺伝的位置は下部(南方)過ぎる。特に北海道犬は例外的である。おそらく両犬の祖先は、非常に古い時代に、南方から日本列島へヒトと共にやって来たのではないかと思われる。

ウイルスや家畜は人類と共に進化してきた。このブログのテーマ【人類の部族移動】を解明する上でも彼らの存在の分析は欠かせない。これらのデータの分析よりまず縄文人は南方系モンゴロイドであることの傍証にもなると思う。
参考投稿
モンゴロイドの歴史② 4万~1.3万年前 中央アジア・モンゴロイドの誕生と拡散 
243124 モンゴロイドの歴史③ 1.4万~1万年前 スンダ・モンゴロイドの拡散
モンゴロイドの歴史④ 1万年前~6000年前 新モンゴロイドの誕生と拡散
次回は中国大陸の部族移動はどうだったのか?
現存する中国人に繋がる系譜を明らかにしたいと思います。

投稿者 tennsi21 : 2011年03月28日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2011/03/1229.html/trackback

コメントしてください

*