| メイン |

2010年07月24日

シリーズ:「国家と市場」第8回 【外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』】

これまで人類は生存圧力、同類闘争圧力、具体的には私権闘争圧力を主活力源とし、その圧力に適応する機能を有する国家が社会を統合してきました。
つまり、他の生物と同様に、まず外圧があり、それに適応しようとしてその外圧を圧力源=活力源とし、最先端の統合機能に収束することで、適応してきました。
ところが市場の拡大により豊かさが実現され、今や従来の活力源は機能しなくなり、国家も統合機能を失ってしまいました。%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AF%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%92%E7%B5%B1%E5%90%88%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E5%9B%B3%E8%A7%A3.jpg
そこで、前回はこれからの新しい圧力源=活力源とは何か、を紹介しました。
今日は、国家に変わる新たな統合機能、最先端機能とは何か、について「超国家・超市場論」をみていきたいと思います。
今日も応援宜しくお願いします。
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

 にほんブログ村 歴史ブログへ


■圧力源・活力源⇒最先端機能に収束→統合
以下「超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』」より引用。

『新しい潮流1~14(リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンク)で明らかにした様に、現在すでに人々は、社会不全⇒人(ひと)収束を伴いつつ、外向収束から認識収束へと向かっている。この認識欠乏が顕在化するのは、もはや時間の問題である。それが顕在化すれば、人々が求める『新しい認識』は、人々の最先端の統合価値となり、従ってまた最強の活力源となる。
なぜなら、人類の最先端機能は観念機能であり、従って答え(に近い認識)こそが、人々の意識を統合すると共に、その答えが人々に活力を生み出し、その認識が人々の全ゆる行動の指標(モノサシ)となるからである。従って、答え(となる認識)は、まぎれもなく最先端価値であり、その下に全てを収束させる統合価値ともなり、全ゆる行動を導く指標価値ともなる。

観念機能を最先端機能とする人類にとって、答えとなる認識は人々の行動の指標=最先端価値である。これがどう統合機能に繋がってゆくのだろうか。

●「新しい認識」は最強の活力源だが、それ自体は最先端機能たり得ない
そして『認識』は、それが当り前のものと成れば成るほど、絶対的な共認圧力と成って末端まで貫通した統合機能を獲得する。
しかし、普通の言葉がそうである様に、当り前になるほどその圧力は意識されなくなり、従って活力源としての機能が弱くなってゆく。逆に、新しい認識は、(最先端の外圧に対応する)最強の活力源となるが、末端にまで共認されない限り、万人の統合機能たり得ない。
従って、『認識』は各人の日常的な最先端価値(=統合価値=評価指標)であり、また基礎的に社会を統合する機能をも果たしているが、それ自体は社会を統合する最先端機能たり得ない。社会を統合する最先端機能は別に要る。

当たり前の認識=末端にまで共認されている認識は、当たり前に”価値”がある。
しかし最先端の外圧に対しては最先端の認識が有効だが、それはまだ最末端にまで浸透していない。となると、統合機能までは有しないことになる。
この最先端の認識と、最末端にまで浸透させることをつなぐ何かが必要となる。
%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%84%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3.jpg %E3%83%A2%E3%83%8E%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BA%BA%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%B8%28%E6%9C%AD%E5%B9%8C%29.jpg

●人々の期待に応える「共認形成の場」こそが最先端機能=社会統合機能
既に『超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く闘争圧力を把握せよ』で触れたように、人類の最先端機能は、最末端まで貫く同類闘争の圧力を大前提にしており、それなしには成立しない。
では、大前提となる次代の同類闘争圧力とは何か?それは既に、前稿で明らかにされている。即ち、人々の認識欠乏に応える認識競争の圧力こそ、まぎれもなく新たな同類闘争の圧力である。この認識闘争の圧力が最末端をも貫く圧力にまで成長すれば、それに応える『認識闘争の場』は人類の最先端機能となり、全てをその下に収束させた社会統合機能となる。
つまり、私権闘争・掠奪闘争を止揚した次代の人類の最先端機能とは、最先端の認識闘争=評価競争の場となる『認識形成の場』そのものに他ならない。

強制圧力の時代が終わり、人々の期待に応える共認闘争こそがこれからの活力源であり、その闘争に勝ち抜く為の武器である「新しい認識」を「作り出す場」こそが、社会を統合する最先端機能を有する。
これがこれからの共認時代における、外圧=活力源と統合機能の中身である。

投稿者 saah : 2010年07月24日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2010/07/1096.html/trackback

コメントしてください

*