| メイン |

2011年03月27日

緊急企画 「東日本大震災は日本人に何を覚醒させるのか!」 プロローグ

東日本における巨大地震・津波の発生とその後の原発事故・放射能汚染は、日本に大きな傷跡を残しました。
地震や津波などの自然災害は、原始以来何回も繰り返し襲ってきて、日本人の性質の形成にも大きな影響を与えていると思われます。
touhoku03.jpg 
震災後の一風景 リンクよりお借りしました
それに対して、原発事故は明らかに人災の比重が大きく、日本の社会統合というレベルでの不適応を示すものと言えるかもしれません。この事故を契機に、お上のやることに余り口をはさまなかった日本人も、より高い適応を求めて覚醒していく可能性があるのではないかと思います。
20110314-832703-1-N.jpg 福島第一原発3号機で水素爆発
この企画では、おおよそ7回にわたって、災害時に現れる日本人の特性とそれを形作ってきた自然環境・歴史、そして原発事故が日本人にもたらしたもの(日本人の何を変えたか)について追究していきたいと思います。

 にほんブログ村 歴史ブログへ


【記事予定】
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
第1回 日本人の縄文体質
災害時の助け合いや他者への思いやりに見られる日本人の特性を様々な事例から明らかにします。
第2回.海外から見た日本人の共同性
諸外国では、震災やハリケーンなどのあとに必ず商店の略奪が起こり、秩序を維持するのが難しくなると言われます。今回の日本人の秩序だった行動や助け合いに対して、海外からも様々なメッセージや驚きの声が上がっています。その対比の中から、日本人の可能性を探ってみたいと思います。
第3回.地震・災害大国日本の歴史
日本人はプレートの上に出来上がった火山列島です。その列島の地学的特性から、日本には過去何度も地震や津波、台風がおそってきました。日本人はそれをどのように乗り越えてきたのか、庶民やお上はどう動いたのか?
第4回.地震・災害は日本人の性格をどのように形づくってきたか
地震や火山噴火が定期的に繰り返される事で自然への超越視・畏怖が生起され続けてきました。
近代に入っても、それをずっと温存してきたのが日本人ではないでしょうか?
※ここでは神話や風習も交えながら、自然との共存をしてきた日本人の在り様を紹介します。
第5回.日本の再生力はどれだけあるのか?
繰り返しやってくる地震や台風の反面、日本の自然は世界でも稀有な豊かさを持っているといわれる。自然そのものがもっている回復力の強さ、人々の復興への力などがテーマです。
第6回.原発事故が見せたもの
津波による被害の大きさに驚いていた矢先、福島の原発事故が襲った。東日本からサ-ッと引き上げる諸外国、残った患者や飼っている牛のためにと残った人々。対照的に自己保身のために情報を小出しにしたり、対策が後手に回った政府・東電・学者・官僚。
この原発事故は、日本の統合階級の無能さを世界にさらけ出すと共に、首都圏を含む東日本の多くの地域が放射能汚染に襲われるという未曾有の事態になった。これは科学への信仰も揺るがせるものとなるのではないか?
第7回.日本人は事実収束するか?どのように覚醒するのか?
歴史上、日本人はお上(政府)に従い、あまり波風を立てることを好まなかった。それで村落集団などが安定していればよかった。
しかし今回の津波→原発事故は、日本の原始以来享受してきた日本の豊かな自然を破壊し、人体を破壊し、人々の将来に大きな不安を与えるものになった。この不全は、縄文以来の日本人のお上に対する従順さを変えることになるのか?そして近代科学や西洋への懐疑は生じるのか?
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
以上です。毎週1回のペースで記事UP予定です。
ではお楽しみに。
(by Hiroshi)

投稿者 ihiro : 2011年03月27日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2011/03/1230.html/trackback

コメント

古代史は興味深いですよね。
どんな生活してたんでしょうね。

投稿者 吉田ケイ@心理学 : 2012年6月28日 00:50

コメントしてください

*