2011年3月21日

2011年03月21日

シリーズ「人類の部族移動」その2~モンゴロイドの誕生と拡散~

前回の投稿より、
21世紀初頭には世界は大転換を向かえるだろう。それはこれまでの追求によれば、おそらく西洋文明から東洋文明への転換ということになると予測される。・・・・・
東洋文明の源泉、私たちの祖先と言えば、モンゴロイド
日本の祖先は、北方系(モンゴロイド)なのか南方系なのかという議論をよく耳にするが、その大元である原モンゴロイドについて語られることは少ない。
今回は、その原モンゴロイドにスポットを当てて紹介したいと思います。
zukai20110105-3.jpg
まず、添付されている『Y染色体亜型の世界的分布』図の右側中央の“Y染色体による系統分析”を見ていただけると日本人が多種多様な系統があることが解る。また、最も主流を占めているのが、“D2”であり、次に“O2b”で、南方のフィリピン方面からの“C1”や北方の樺太方面からの“C3”の系統は少数派であることが解る。
続きを読む前にポチ・ポチ応援お願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 sodan : 2011年03月21日