2011年3月11日

2011年03月11日

シリーズ「人類の部族移動」その1~人類史を追求する意義と視点

こんにちは、saahです。
これから数回にわたり、2度のなんでや劇場で議論されてきた「人類の部族移動」について紹介したいと思います。
今回を含め全11回にわたり、以下のよう内容で紹介してゆく予定です。
 第1回目:人類史を追求する意義と視点
 第2回目:モンゴロイドの誕生と拡散
 第3回目:北方移動した原モンゴロイドと、現在の北方モンゴロイド
 第4回目:中国文明とは何か
 第5回目:縄文人の気質と、適応の可能性
 第6回目:1万年前以前の南欧以北の欧州
 第7回目:原欧州人と原シュメール人
 第8回目:印欧語族の出自
 第9回目:掠奪集団~掠奪部族の玉突き移動
 第10回目:掠奪部族による支配国家の誕生~部族共同体の崩壊
 第11回目:まとめ
以上を見てゆく中で、人類の移動の理由=直面した外圧状況に肉薄することにより、現在の人類に繋がる基層は一体いつ、どこで、どのようにして作られてきたのかを明らかにしていきたいと思います。
いつものように応援をよろしくお願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 saah : 2011年03月11日