| メイン |

2007年05月16日

縄文土器に見る雌雄和合の模様

こんばんは :wink: bunchanです。今日は縄文土器の文様から、縄文人の世界観を垣間見てみたいと思います。「縄文心象」よりの引用を紹介します。
雄と雌の和合  

地球上の原子がプラスとマイナスで安定しているように、彼らは世界のすべてが雄と雌の霊魂が和合してできていると固く信じていた。この和合を示す『交合文(和合文)』は、対で構成されていることが特徴である。  『交合文』は雄を意味する三角・菱形・十字・矢印と、雌を意味する渦巻・円・二重円から各々1つないし1つ以上が対(ペア)になってつくられる。それらは一見ただの装飾文様のようだが、それは彼らの心の世界『雌雄和合』そのものなのだ。

danjo1_5.gif ←←← danjo1_2sp.gif
そういわれるとそんな気が・・・♂♀記号にもにてますよねっ
んん~でも♂が三角・菱形・十字・矢印で♀が渦巻・円・二重円なのはどこからきてるの?? :roll:
気になる人はぽちっと押してもらって、続きをどうぞ
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

 にほんブログ村 歴史ブログへ


-蛇- 雄の神 「縄文心象」より
danjo1_1.gif
蛇頭把手 井戸尻Ⅰ・Ⅱ期
蛇は畑の守護神であると同時に、「雄」そのものを象徴している。 これは土器の把手の部分である。蛇頭把手と呼び、土器の神聖な場所である縁の部分についていたものだ。 蛇の頭の部分を人間の陰茎にかたどり、亀頭部直下の両側に睾丸を二つ配置している。蛇は雄全般を表すと同時に、力を象徴する性の神でもある。  彼らは、そのものズバリを写実的に文様化することは極めて少ない。全て抽象化して表現することがほとんどである。なぜなら、彼らにとって対象一つ一つを具体的に表現することよりも、種全体に共通して宿っている「精霊」を表現することの方がはるかに重要だったからなのだ。
  縄文人の精神構造を知る手がかりは、このような極めてまれな出土物から得られる場合が多い。
-巫女文と渦巻文- 「縄文心象」より 
danjo1_3.gif→ウラ側→danjo1_3sp.gif
長野県富士見町九兵衛尾根遺跡 井戸尻Ⅰ・Ⅱ期
これは顔を表現した顔面把手である。顔面把手は、そこに表現された容貌と耳部分の穴から、特別な地位を示す「耳飾りをつけた巫女(みこ)」を表しているとされている。巫女とは時間の流れを周期的に身をもって知る女性代表であり、天候や気候だけでなく天体運行にも熟知し、集落の農耕や祭祀に指導的な役割を果たした女性である。
顔の輪郭であるΩと両耳部分の円孔が連結した文様を「巫女文」と呼ぶが、これも多くの縄文土器に採用されている絵文字である。クリックして裏を見てほしい。(注記:右側の絵が裏です) 渦巻きは女性全般を表し植物の豊穣も意味する絵文字である。

ヘビの頭は三角、ヘビは♂の象徴でもあるから三角文は♂を示していて、渦巻き文は女性全般を表すってわけですね。「縄文心象」を書いた武居幸重さんは単独の円は雌、単独の三角は雄を意味すると解読しています。縄文土器は、に円文と三角文がペアになって構成された文様が非常に多いのだそうです。
「縄文人は雄の精霊と雌の精霊がペアになって世界が出来ていると考えている。」「縄文心象」、武居幸重さんの言葉です。
本源時代の世界観はこんなだったんだなあ~と思います。
個人主義や男女平等を声高に叫ぶ、狂った価値観が横行している現代に比べると調和のとれた世界観の中で縄文人は極限時代を生きたのでしょう。

投稿者 bunchan : 2007年05月16日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2007/05/211.html/trackback

コメント

mukaiさんこんばんは!縄文人ってすごい!
ナワ文字って始めて知りました。それにしても
>中でもバヌアツで発見された土器は青森で製作された正真正銘の縄文土器である事が確認されている。
へえ~っ!だけど本当に往復していたのかな?なんのためだろう?どこまで行っていたんだろう?

投稿者 Hiroshi : 2007年5月28日 23:20

南米の太平洋側の地域は・嘗て栄えたレムリア(ムー)大陸の・周囲の海岸線に沿って栄えた・交易路の中に位置する・港の1つだったのではないでしょうか・レムリアの文明レベルが・どの程度の物だったのかは・分かりませんが・陸路を何千キロも移動するよりも・船に乗って海路を進んだ方が・遠回りにはなりますが・交易等をしながらのんびりと・旅を続けられたのだと思います

投稿者 集団ストーカー : 2012年5月23日 10:26

コメントしてください

*