2007年5月6日

2007年05月06日

文字がない社会って?!

こんばんは~ 、みつこ :D です。
今日はゴールデンウィーク最後の日でしたが、あいにくの雨 でしたね。
みんさんはいかがお過ごしになられましたか?
さて、今日は、ずーっと私の宿題 だった(tanoさん、期待してくれてありがとうございます!)、無文字社会について。
>支配や徴税の為に文字が生まれたというのは本当でしょうか? by tanoさん
なかなかに深い問題です。
これについては、もっと正確に語る必要があるようで、
確かに文字がもつ不変性、個別参照性(記録を参照する者が個別であるということ。翻せば口承などでは個別参照性はないということ)、遠隔伝達性は、市場や国家の成立及び拡大に、大いに寄与したということは言えそうですが、レヴィ=ストロースが言ったように「文字の使用と大規模な政治組織の出現とは一致する」とまでは言い切れない、みたいなんです。
というのも、南米インカ帝国も、アフリカのガーナ帝国やマリ帝国も、いずれも無文字社会であったけど、広域支配を成していたし、2~300年続いた帝国だからです。
じゃぁ、無文字社会ってどういう風だったの?
気になりますよね 8)
続きはポチっと押してから
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ
ありがとうございます

(さらに…)

投稿者 mituko : 2007年05月06日