| メイン |

2006年12月24日

神々はついに人間と同じになった!?

神々に対する信仰の変遷を見てゆく中で、私もメソポタミアの神話を調べています。もともと崇め敬う存在だった神様が、いつしか人間と同じように扱われていく様はたいへん興味があります。
今日はそんな中から、ついに神と同等の立場に立った人間の事例を紹介します。
次に進む前に、まずはポチッとボタンを押してからどうぞ!
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

 にほんブログ村 歴史ブログへ


naram-shinn.jpg
BC4~5000年前のアッカド王朝時代は、既に「王=神である」と考えられていたようです。 それを示す事例が上の写真ですね。
南風博物館に紹介されている解説によると、

彼は勝利した後、大地を埋めつくす敵軍および自軍の戦死体をうしろに残し、角のついた神のかぶとをかぶって山の頂上に登り、星に顔を向けているという図柄である。そこにはすでに神となったナラム・シン自身が星と対話し、真の支配者となったことが誇らしげに示されている。

だそうです。
神を示す「角の付いた兜」、本来崇める存在であった「神=星と対等に話す」、これ以上高みの存在はいないと言わんばかりの「山の頂上という位置」
どれをとっても自分が人々の頂点に立つ存在=神そのものであるといっているわけです。
こういう状況は、既に神とは頼る存在だとか守ってくれる存在だという意識はなくなっているということでしょうか。この辺はおって調査して報告したいと思います。

投稿者 saah : 2006年12月24日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2006/12/76.html/trackback

コメント

大和朝廷についてよく分かりましたありがとうございました。

投稿者 匿名 : 2011年5月20日 17:22

コメントしてください

*