| メイン |

2006年12月27日

藤原氏って何者?

学校の日本史の授業でところどころ「藤原氏」という名前がでてきます。
飛鳥時代から出現して、日本を動かした中心となった家というイメージですが、どんなふうに影響を与えてきたのでしょう?今回は藤原氏について調べてみました。
(この記事は、「系図でみる近現代」 「ウィキペディア」を参考にさせていただいています。)
%E8%97%A4%E5%8E%9F%E6%B0%8F.gif
●はじまりは中臣鎌足
最初に「藤原氏」を名のったのは、中臣鎌足。
大化の改新の功により天智天皇より賜った氏姓「藤原朝臣」を姓とする氏族が藤原氏のはじまりです。

鎌足の死後、中臣氏を率いた右大臣中臣金が壬申の乱で処刑された事もあって、乱とは無関係の鎌足流も一時衰亡の危機を迎えた。

●藤原不比等(645年-740年)・・・奈良時代の権力者
藤原不比等は藤原鎌足の子で、不比等の子孫のみが文武天皇の698年に藤原姓を名乗る事を許され、太政官の官職に就くことができ、不比等以外の鎌足の子は、鎌足の元の中臣姓とされ、神祇官として祭祀のみを担当する事と明確に分けられたため、不比等が実質的な藤原氏の祖ともいえます。

●不比等の4人の息子
藤原武智麻呂(むちまろ)680年 – 737年 (藤原南家)
藤原房前(ふささき)681年 – 737年 (藤原北家)
藤原宇合(うまかい)694年? – 737年 (藤原式家)
藤原麻呂(まろ)695年 – 737年 (藤原京家)
不比等亡き後、元正天皇・聖武天皇の時代に渡る長屋王との政権争いに勝ち、729年から737年の間、朝廷の政治を担ったが、737年の天然痘の流行により相次いで病死。四兄弟の子が若かったため、実務は光明皇后(不比等の娘)の異父兄弟で臣籍降下した橘諸兄(葛城王)が担うことになった。この間、主立った実務官僚も次々に亡くなり、ついで、四兄弟のうち宇合の息子藤原広嗣が740年に乱を起こし、討伐されたため藤原氏の高位官僚の不在時代がしばらく続くことになるが隆盛を極めたのが、房前を初代とする藤原北家。
●現代の藤原氏は「藤原さん」ではないそうです。
実は、数世紀にわたって、大家族に膨れ上がった藤原氏は、日常生活を
するうえでの紛らわしさから、便宜的にその居住地に由来する家名を
名乗るようになり、鎌倉時代あたりからそれは、次第に定着していった。
例えばこの藤原北家のなかでも、道長・頼通の直系で、
摂政・関白になり得る最高の家柄を摂家・・・近衞・九條・二條・一條・鷹司(たかつかさ)を名乗るようになる。これが五摂家。
実質的には「藤原氏」の祖といっても過言じゃない藤原不比等はどんな仕事をしたのでしょう。まずはクリックお願いしま~す 
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

 にほんブログ村 歴史ブログへ


%E3%81%B5%E3%81%B2%E3%81%A8.jpg
↑藤原不比等 (画像はウィキペディアよりお借りしました。)
藤原不比等の仕事・・・大宝律令(701年完成)
ウィキペディアより引用・要約すると・・・

律令制(りつりょうせい)は、主に古代東アジアで見られた中央集権的な統治制度。
律令制の基本制度は、
 ・一律的に耕作地を班給する土地制度
 ・個人を課税対象とする体系的な租税制度
 ・一律的に兵役が課せられる軍事制度
 ・人民を把握するための地方行政制度
これを日本の国情に適合させるように律令編纂の作業が続けられ、日本の国情へいかに適合させるかが大きな課題とされていた。そして、700年(文武4年)に令がほぼ完成し、残った律の条文作成が行われ、701年(大宝元年8月3日)、大宝律令として完成した。
律令選定に携わったのは、刑部親王・藤原不比等・粟田眞人・下毛野古麻呂ら。大宝律令の完成は非常に画期的な出来事であり、これを期に「日本」という国号が法的に確定した。すなわち、大宝律令の成立は、新たな国家創立と捉えられたのである。
7世紀後半以降、百済の滅亡など緊迫する東アジアの国際情勢の中で、倭国は中央集権化を進めることで、政権を安定させ、国家としての独立を保とうとした。そのため、近江令、飛鳥浄御原令を制定するなど、当時の政権は、唐・朝鮮半島の統治制度を参照しながら、王土王民思想に基づく国家づくりを進めていった。その集大成が大宝律令の完成であった。これにより、日本の律令制が成立したとされている。大宝律令による統治・支配は、当時の政権が支配していた領域(東北地方を除く本州、四国、九州の大部分)にほぼ一律的に及ぶこととなった。

なるほどー。ここで素朴な疑問。
大宝律令のような制度をつくったとしても、これを国中にいきわたらせるのはどのようにしたんでしょうか。それを実施するためのシステムはすでに存在していたから有効に機能したのでは?
「新しい日本の歴史」さんの「式内社と藤原氏」では、式内社を通して藤原氏によるシステム構築をしていたという面白い仮説が紹介されています。

投稿者 bunchan : 2006年12月27日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2006/12/84.html/trackback

コメントしてください

*