| メイン |

2013年02月25日

伽耶を知れば古代日本が見える~プロローグ

「自分(家族)のルーツを知りたいと思う事があるんです。だって面白いじゃないですか。 ○×家の古文書なんかが出てきたらすごい!と思いますヨ。」
仲間内で話しているときに、若手の女性から出てきた話です。
その話で盛り上がっていた時に、そういえばという事で、他のメンバーからも郷土の風土は確かに知りたい、地元の昔を知りたい、親から祖先の話を聞いてみたくて話込んだ、等ルーツ絡みの話がいろいろ出てきました。
これはどういった意識潮流でしょうか?自分達のルーツを知りたいという思いは単に面白いからというだけではないようです。先行きが見えない、収束不全発の閉塞感から一旦過去に遡る意識、つまり原点回帰⇒事実追求の潮流の一つだと思います。
同時に3・11以降、顕著に見られるのが反欧米、反経済至上への意識で、その中で日本人の成り立ちを知りたい、歴史の本当の事実を知りたいという意識潮流は確実に起きています。最近ではそれに答える本やTV番組が組まれるようになりました。一例ですが、つい先日、NHKで聖徳太子は架空であった という特集番組が流され、これまで教科書で学び誰も疑ってこなかった歴史事象の嘘が明らかになってきています。
img_412139_8414331_1.jpg
時の為政者の都合で日本書紀や古事記が編纂された事が“事実”なのです。
そのような中で、日本古代史は未だに謎に包まれております。どのような民族が入り、どのように統治が始まったのか?その帰結として建国の中心にはどのような勢力が支配していたのか、天皇家の出自を含め全てを明らかにするには、大和建国は未だ神話という霧に包まれたままです。
日本書紀や古事記と言う偽書に阻まれ、日本人は自らの出自を知りたくても知る術がないのです。謎と言えば謎ですが、言い換えれば大和建国は追求する上で何重にも嘘が塗り重ねられ壁となっているのです。

 にほんブログ村 歴史ブログへ


これはどういう事なのでしょう?
考えるきっかけとして簡単に歴史の流れを押さえておきます。
日本は大陸の東の果てにあり、古代縄文時代から様々な人種、集団が入り込んできました。彼らは混血しながらもやがて日本で縄文文化を形成し、土器と石器を用いて豊かな自然の恵みを享受し、自然界の全てのものを八百万の神として信仰した平和な民族でした。しかし大陸の動乱は日本にとって対岸の火事でありませんでした。
やがて登場する弥生時代、古墳時代にはおびただしい大陸からの敗残者が何波にもわたって渡来、土着の縄文人を巻き込み日本の生産形態を採取、狩猟から農耕生産にきり変え、農耕中心の社会システムを作り上げていきます。中でも前5世紀から呉越の難民が渡来し、前2世紀には朝鮮半島から最初の渡来人が押し出されます。それが伽耶の原型であり弁韓という地方です。その後は百済、高句麗、新羅と大陸から王や官僚、武人、学者、技術者など大陸の動乱の度に集団丸ごと日本に漂着、既存の日本人渡来集団に取り込まれ組織化されていきました。そういった中にあって最初の基盤作りを成したのが伽耶からの集団渡来でした。

◆日本書紀や古事記が事実追求の壁になっている
わが国はその出自や国の成り立ちを全て日本書紀や古事記といった渡来人が作った書物に基づいています。しかしその基盤としている書物が明らかに偽物であるとしたらどうでしょうか?
事実の大半を抹殺した上で架空の年代に架空の人物を登場させ、その架空物語の中に断片的な事実をはめ込んだ日本書紀は、世界でも例のない架空の歴史書であり、おそらく歴史小説を正規の歴史書としているのは世界広しと言え、日本だけでしょう。
これまで当ブログで調べた中でも様々な歴史の嘘が上がっています。
例えば・・・
神武天皇以降の天皇系譜は崇神天皇までは架空であった。リンク
実質上の統合者であった蘇我氏の勢力を消し去りたいが為に聖徳太子という架空の存在を捏造し、さらに17条憲法というお話まで付け加えた。リンクリンク
本来あったであろうと思われる、高句麗が立てたもう一つの日本の古代王朝には触れていない。リンク
さらに天皇家の出自となり、大和支配者の本丸となったであろう伽耶についてはまっくといっていいほど触れられていない。日本列島と隣接し、多くの影響を受け、物人共に交流のあったはずの地について不思議なほど記述がないのです。これはどうしても書きたくない事情があったとしか思えません。
img_757235_42663683_0.jpg
◆伽耶を明らかにすれば日本支配の骨格が見えてくるのではないか?
上記は今回のシリーズとして設定した着眼点です。
日本は渡来人が大陸の争いから負けて逃げて立てた国であり、彼らはその出自を必要以上に隠蔽する必要があったからです。そして弱者故に武力を用いず、縄文人や波状的に来る渡来民を統治する上で、架空の物語をベースにした神話、さらには天皇制度という象徴基盤が必要だったからです。
大和建国のなりたち、さらには天皇家の出自、なぜ天皇制を必要としたのかを解明する為には伽耶を明らかにすることが必要不可欠ではないかと考えています。また、隠蔽されてきた伽耶の史実から、以後の日本史を俯瞰してみることで日本の支配構造の輪郭が浮かび上がってくるのではないでしょうか?
伽耶を知る上で何より重要なのが朝鮮半島内の外圧であり、民族の混交状況です。その鍵を握るのが高句麗であり、隣国新羅であると睨んでいます。さらにその渦中に列強国と渡りあった金官伽耶という国の状況も知っておかなければならないと考えています。
それでは本シリーズの予定しているテーマを紹介しておきます。
いつものように途中でテーマ変更がある事はお許しください。
1.古事記、日本書紀がついた嘘とは
2.日本と伽耶の相似性
3.伽耶の成り立ち(伽耶ってどんなとこ?)
4.伽耶の宿敵「高句麗」を解明
5.大和政権は伽耶人が作った!?
6.百済を取り込んだ伽耶人の策略
7.伽耶と日本神話の違いとは?
8.天皇家と伽耶王朝の連続性
9.日本建国のなれそめ
10.邪馬台国は伽耶にあったのでは?
それでは伽耶と日本史の事実解明に旅立っていきます。
どうぞご期待下さい。

投稿者 tano : 2013年02月25日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2013/02/1483.html/trackback

コメント

伽耶の王家は引っ越して来て、日本で支配者階級になったという説は、この頃有名ですね。出雲の高句麗征服説は新鮮でした。新羅かとおもっていました。

投稿者 Taeko.m. : 2014年6月22日 14:31

上記のうちの下記部分は、特に気に入りました。
(以下引用)
わが国はその出自や国の成り立ちを全て日本書紀や古事記といった渡来人が作った書物に基づいています。しかしその基盤としている書物が明らかに偽物であるとしたらどうでしょうか?
事実の大半を抹殺した上で架空の年代に架空の人物を登場させ、その架空物語の中に断片的な事実をはめ込んだ日本書紀は、世界でも例のない架空の歴史書であり、おそらく歴史小説を正規の歴史書としているのは世界広しと言え、日本だけでしょう。
これまで当ブログで調べた中でも様々な歴史の嘘が上がっています。
例えば・・・
(引用これまで)
私自身が古代史で何かを発表するときに、引用させていただくかも知れません。
ただし、貴殿の主張のこの部分に賛意を感じたので、それ以外には、ほとんど賛成できません。
例えば、金官国王の後継に、新羅の太大角干金ユ信がいます。この人物と貴殿の主張は、どう関連するものか。言及あるのでしょうか?

投稿者 のんびりひま爺 : 2015年11月23日 18:18

コメントしてください

*