2013年2月25日

2013年02月25日

伽耶を知れば古代日本が見える~プロローグ

「自分(家族)のルーツを知りたいと思う事があるんです。だって面白いじゃないですか。 ○×家の古文書なんかが出てきたらすごい!と思いますヨ。」
仲間内で話しているときに、若手の女性から出てきた話です。
その話で盛り上がっていた時に、そういえばという事で、他のメンバーからも郷土の風土は確かに知りたい、地元の昔を知りたい、親から祖先の話を聞いてみたくて話込んだ、等ルーツ絡みの話がいろいろ出てきました。
これはどういった意識潮流でしょうか?自分達のルーツを知りたいという思いは単に面白いからというだけではないようです。先行きが見えない、収束不全発の閉塞感から一旦過去に遡る意識、つまり原点回帰⇒事実追求の潮流の一つだと思います。
同時に3・11以降、顕著に見られるのが反欧米、反経済至上への意識で、その中で日本人の成り立ちを知りたい、歴史の本当の事実を知りたいという意識潮流は確実に起きています。最近ではそれに答える本やTV番組が組まれるようになりました。一例ですが、つい先日、NHKで聖徳太子は架空であった という特集番組が流され、これまで教科書で学び誰も疑ってこなかった歴史事象の嘘が明らかになってきています。
img_412139_8414331_1.jpg
時の為政者の都合で日本書紀や古事記が編纂された事が“事実”なのです。
そのような中で、日本古代史は未だに謎に包まれております。どのような民族が入り、どのように統治が始まったのか?その帰結として建国の中心にはどのような勢力が支配していたのか、天皇家の出自を含め全てを明らかにするには、大和建国は未だ神話という霧に包まれたままです。
日本書紀や古事記と言う偽書に阻まれ、日本人は自らの出自を知りたくても知る術がないのです。謎と言えば謎ですが、言い換えれば大和建国は追求する上で何重にも嘘が塗り重ねられ壁となっているのです。

(さらに…)

投稿者 tano : 2013年02月25日