| メイン |

2006年11月30日

日本の私権国家への道すじ

こんばんは。くまなです。
弥生時代の研究は、神話のような古事記・日本書紀がベースで、ネットでも諸説あってよくわからないので、まとめてみることにしました。
目的は日本における私権制度の移入・確立のようすを明らかにすること。
これから数回に亘って、史実を時系列で押さえていこうと思います。
予定としては、まずは弥生時代から、日本に渡来した人々の時期と出自を明らかにします。また、できれば古事記や日本書紀に書かれた「神話」と言われている部分と史実との関連も明らかにしたいと考えています。
時代の射程は私有制身分制が確立する7世紀ごろまでを考えています。
最後は年表のかたちにまとめます。関連する情報の援護投稿も歓迎です!
弥生時代ということで、まずは↓これが‘弥生’の呼称を生んだ‘弥生町’で発見された土器
05.jpeg
それでは、まずは紀元前3世紀の江南人の渡来から。

 にほんブログ村 歴史ブログへ


紀元前334:中国の越(江南地方)が楚に滅ぼされる。
  越の原住民は海洋民族で入れ墨をし、竜を崇拝。
紀元前300年頃:江南人の渡来(水稲、高床式倉庫、墳丘墓、無文字)
中国はこの頃、戦国時代です。
【図:戦国時代(前403年~前221年)の中国】
684px-China.B.C350.PNG
(図はウィキペディアさんhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E6%99%82%E4%BB%A3_(%E4%B8%AD%E5%9B%BD)からお借りしました。)
この時代には鉄器が本格的に使用されましたが、越という国は青銅器しか持たないため追いやられ、難民の一部が北部九州に流れ着いたと考えられます。日本では海神(ワダツミ)族と呼ばれています。
***
紀元前296年:趙の攻撃によって中山国(黄河下流・遊牧系)が滅亡する。
このころ中山(チュウザン)国の白狄(ハクテキ)人が日本に渡来する。
一説にはイザナギ・イザナミの一族ではないかという説もあります。
***
次回は、紀元前三世紀に今の天皇家に直接つながる人々の渡来です。
アマテラスオオミカミやスサノオも登場する予定です。
読んでみたいと思った方は、↓ポチっと応援お願いします。 :P
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

投稿者 kumana : 2006年11月30日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2006/11/49.html/trackback

コメントしてください

*