2006年11月17日

2006年11月17日

中国・朝鮮から日本への渡来ルートを探る

clip_image002.jpg
縄文から弥生にかけて、大陸の人が東シナ海や朝鮮ルートを通って九州北部に渡来してきた。その後、縄文人と混血したり戦争を通じて国家統一を成し遂げた、というのが定説になっているようですが、「「新しい日本の歴史」
にこれと違う見解が書かれていましたので紹介します。
>丹後半島の中国人  その2
中国人が九州にいっぱいやって来たことは、書きました。九州に限らず、日本海の各地には流れ着いたと思います。韓国から九州に直接来ることは相当エネルギーが必要です。中国の福建省あたりを出発しますと九州に到達します。韓国辺りを出発すると島根半島から丹後半島の間と思います。
魏志倭人伝に倭国の国々の名前が挙げられています。九州の末盧国から始めますから、日本史は訳の解らないものになりました。やはり、松江に最初に着いたことにすれば、邪馬台国は吉備の辺りになります。

であれば、出雲や丹後半島の伝説でよく知られる
イザナギノミコトや天照大神系の人たちは朝鮮から渡来
九州北部に到達した人たちは中国南部から渡来
ということになりますが、実際どうなんでしょうか?
この先読みたいと思った人は、ポチッとお願いします
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 postgre : 2006年11月17日