| メイン |

2007年03月31日

弥生時代の身分制度(番外編)-奴婢、軽罪は妻子没収、重罪は一族にも刑が及ぶ

:D くまなです
今回は階級社会の番外編として「奴婢」です。
私たちが奴隷と言われて思い浮かべる‘鎖につながれて重労働を強いられる’人々がいたとすれば、この奴婢と呼ばれる人たちで、罪を犯した人々です。奴婢の「奴」が男で、「婢」が女。
卑弥呼が死んだときに奴婢100名余りが殺され一緒に埋葬されたと、魏志倭人伝の記述があります。

彌呼以死大作冢徑百餘歩徇葬者奴婢百餘人更立男王國中不服更相誅殺當時殺千餘人
●和訳:この時、卑弥呼はすでに死んでいたので、大きな墳墓をつくらせた。直径は百歩余りで、男女の奴隷を百人以上殉死させた。あらためて男王を立てたが、国中は不服として、そのため殺し合いになった。当時千人余りを殺した。
殉葬は、古代殷(商)で行われた習慣で、のちの朝鮮でも表れます。
それを卑弥呼(の一族)も行ったということです。
下は、古代殷(商)での殉葬の跡です。
W020060901429107754713.jpg
(写真はリンクよりお借りしました。)
殉葬制度については、加耶の歴史文化を参照してください。
奴婢は犯罪者ってことですが、当時の犯罪って?
その前に ポチッと応援よろしくお願いします。
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

 にほんブログ村 歴史ブログへ


いきなり漢文ですが…
不盗竊少諍訟其犯法輕者沒其妻子重者減其門戸及宗族各有差序足相臣服收租賦有邸閣國國有市交易有無使大倭監之
●和訳:泥棒や訴訟などはあまりない。もし法を犯すと、軽い罪ならその妻子を取り上げる。重い罪はその家を滅ぼし一族までも罪が及ぶ。身分の上下にはそれそれ等級がついている。お互いの上下関係は上手くいっているようである。税は納める。納めた税を、入れる倉庫もある。国ごとに市があり、お互い、あるものないものを交換し合う。交換は身分の高い倭人が監督して行わせる。
軽罪は窃盗や傷害、重罪は殺人あたりだろう。
「沒(没)妻子、や減(滅・没)門戸及宗族」は、一部の訳では「妻子を殺し、一族皆殺し」などというのもいられる。しかし、それではあまりにも重過ぎる。捕らえられて奴婢扱い、あるいは一族身分剥奪あたりが妥当なところではないか。
また、上記文章の直前には以下の文章がある。
其俗國大人皆四五婦下戸或二三婦婦人不妬忌
●和訳:この国の風俗は、偉い人はたいてい四、五人の妻があり、庶民でも、二、三人は妻を持っている。婦人は、淫らでなく、嫉妬もしない。
弥生人のあいだでは、男が妻を何人も持ち、「」は婦人のことという扱いです。
私有婚(父系嫁取婚≒男が武力や財力で女を囲い込む)が一般的で、かなり厳格であったと見られます。
婚姻と犯罪が連続して記述されているのは、婚姻規範を破る女は「淫」であり、「罪」であったのではないでしょうか。
***
さて、番外編も含め、以上が弥生時代の身分の状況です。ただ、縄文人が、その中にどのように組み込まれたのか、組み込まれていないのかは、まだわかりません。

投稿者 kumana : 2007年03月31日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2007/03/169.html/trackback

コメントしてください

*