2007年3月30日

2007年03月30日

弥生時代の身分制度(2/2)-生口は偉い人への貢ぎ物

こんばんは、くまなです :D
前回に引き続き、弥生時代の身分制度です。
今回は、一般に奴隷と言われている‘生口’が中心になります。
生口は、当時、卑弥呼や台与(卑弥呼の後継者)らが、魏(当時の中国)に献上した貢ぎ物 の中に含まれています。
mitugimono.JPG
表は、サイト邪馬台国とは何だろうか?魏志倭人伝の語る日本を参考に追加作成しました。
弥生時代には、日本から中国への貢物として「生口」という人間が何度も送り込まれています。
魏志倭人伝での生口に関する記述を紹介します。
その前に、 ポチッと応援よろしくお願いします。
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 kumana : 2007年03月30日