2007年3月4日

2007年03月04日

古代中国:神聖政治から王による政治支配へ

中国の古代王朝は、伝説の夏王朝から、商(殷)、周へと移行していく中で、その政治スタイルも変貌をとげていきます。以下、「中国奇貨居くべし」(http://www.h3.dion.ne.jp/~china/)から、紹介していきます。
大きな流れは、古代的な神聖政治から、王 による政治的支配への転換です。
商王朝では諸氏族の勢力を力の背景としており、政治的な秩序は確立されていなかった為、それそれの氏族が行っていた祭祀を、王が独占して行うことで、政治力を行使していた様です。
従って、王朝の神聖性の確立と維持が、政権の最重要事項となっていたのです。(=神聖政治)
%E5%95%86%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E3%81%AE%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%AE%E5%A4%89%E9%81%B7.gif
つづきは、ぽちっとしてみてからどうぞ。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 maeyan : 2007年03月04日