| メイン |

2007年05月08日

人類が生まれた(ハダカ化した)洞窟 南アフリカ・クラシーズ河口洞窟(第3号)

2007KlasiesRiverCaves%20219.jpg 写真は、南アフリカ共和国東ケープ州にあるクラシーズ河口洞窟(第3号)の内部写真です。ここの洞窟は、テーブルマウンテン砂岩層が海水侵食によってできたものです。
人類は、今から6万年前から13万年前のあたりの氷河期に、この洞窟の中で、寒さと飢えに闘いながら環境適応して、ハダカになったのではないかと思っています。ハダカになって抱き合うことで、体温の損耗を防ぎ、生き延びたのではないかという、人類ハダカ化おしくら饅頭仮説です。
世界の人類はみんな10万年か20万年前は、南アフリカに共通の先祖をもつ、親戚なのです。争ったり、差別したり、奪い合うことは、愚かなことです。
自然を破壊し改変することによってしか生きていくことのできない、文明の座敷犬である人類の悲しさを理解して、できるだけこれ以上自然を破壊しない文明のあり方を模索していきたいものです。
%E6%B4%9E%E7%AA%9F.jpg
応援よろしくお願いします!
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

投稿者 tokumaru : 2007年05月08日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2007/05/206.html/trackback

コメント

確かにこれは秀逸ですね。
改めて世界における日本の特殊性を再認識させられます。
最も遅れてきた国が1980年代にはGDP世界1位を記録しその後バブル崩壊を経て真っ先に社会が変化しようとしている。
私権社会の期間が最も短い日本が最初に変わっていく。
確かにこれからの可能性は日本が鍵を握っていると言うのが一目でわかります。

投稿者 tano : 2007年5月23日 00:37

るいネットでは、学校の歴史教科書から縄文時代が削除されてるという報告もありましたが、とんでもないですね。
なぜ歴史を学ぶのか、という視点がまるっきり抜け落ちている
としか思えません。
いくら日本に可能性があっても、可能性に気づいてなければ意味のないことですね。
>その可能性は、ぼくら一人一人の意識にかかっているとも言えると思います。そのような意味でも、世界の古代文明と縄文の事実解明(彼らのできなかったことも含め)を進めていきたいですね。
同感です!
頑張っていきましょう♪

投稿者 匿名 : 2007年5月23日 13:39

tanoさん、名無しさんこんばんは、
>私権社会の期間が最も短い日本が最初に変わっていく。
たしかに、貧困を真っ先に克服したのも、縄文の精神基盤ゆえですね。
>学校の歴史教科書から縄文時代が削除されてるという報告もありましたが、とんでもないですね。
そんな縄文の基盤や伝統を教科書で教えないってのは、ほんとに歴史を知識としてしか見てないのだと思います。そんな学者や先生って必要ないと思うし、そんなことだから子供たちも歴史がきらいになると思いますね。

投稿者 Hiroshi : 2007年5月23日 20:03

温故知新ですね 
縄文を知ることが今の利己主義汚染の私らに必要かもしれませんね

投稿者 匿名 : 2007年6月2日 03:29

お世話になります。とても良い記事ですね。

投稿者 ティンバーランド レディース : 2012年10月23日 18:45

コメントしてください

*