| メイン |

2008年03月07日

新大陸の文明は石器時代?金属の使用から文明を問い直す。

歴史学では、「石器時代」→「青銅器時代」→「鉄器の段階」という順で文明が発展したと捉えられています。
その視点でみるとインカ・マヤ・アステカといった新大陸の文明は(青銅の使用すらない)未発達な「石器時代のままの状態」で高度な文字や天文学、建造物をつくった不思議な文明という見方がされるわけです。
“鉄や銅を使う必要がなかった文明の不思議“ 2008/02/23参照
金属の剛性と靱性、そして加工の難度は、
銅<青銅<鉄
の順で、これは「武器」つまり、「殺傷能力」を向上させる必要性が、よりそれに適した金属の使用を生み出していった過程だといえます。
“旧大陸における鉄器の発達の歴史” 2008/02/25 参照

%E6%AD%A6%E5%99%A8%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2.jpg
新大陸では、金属が、武器や道具に使われなかったのはなんで?を考えてみましょう。

 にほんブログ村 歴史ブログへ


仮説ですが、
人類は(主にメソポタミヤや中国で)、より強い武器や道具を持つ事への逼迫した外圧下で、金属の剛性・靱性・可塑性を生かした利用方法を発達させてきた。
鉄の使用はこの過程で発見された最強の素材だといえる。
一方、新大陸では、より強い武器を発達させる圧力も道具をつくる圧力も存在しなかった。
従って、新大陸では金属の使用は装飾品に限られている。

詳細を見てみます。
新大陸のアステカでは人身御供が盛んで、生贄を祭壇で数人で押さえ、その心臓を抉り出して神に捧げたが、それは全て「石器」によって行われた。
また、他部族との抗争も石器が使われ、矢や棍棒、投石が用いられたが、多くの場合は儀式化し、優勢がはっきりするとそれで決着がついた。
従って、敢えて金属製の武器を開発する必要性はない。
金属製の武器が石器にくらべて有利なところは、戦いの場面で、石器のよりも靱性が高く「折れにくい」ところにある。黒曜石は鋭く切れるが、歯こぼれしたり、折れてしまった場合はもう使えない。
つまり、戦闘(殺し合い)が継続する場合は石器よりも金属製の武器が優勢であり、さらに、青銅よりも鉄が優れている。
つまり、相手を殺害しない限り納まりがつかない戦闘(要は、殺し合い)の圧力が背景にあって、より強い武器を切実に希求していた状況が、(青銅と)鉄を開発していったと考えられる。
こうして殺し合いの圧力と、それに決着をつける金属性の武器は、メソポタミヤで発生してやがて玉突き的に旧大陸を席捲していった。

一方、金属性の装飾品は、新旧両大陸で普遍的にみられ、特に「金」は加工性のよさと輝き、希少価値から貴重品とされている。
インカでは多量の金が装飾に用いられたが(ただし全てスペイン人が掠奪)、アステカで特徴的なのは、石器の装飾品である。
アステカでは、硬い黒曜石に細工をしたり磨き上げたりして、実に豊かな装飾品を作り出している。
写真はアステカのフリント細工ですが、何に使ったにかは不明です。
%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AB%E3%80%80%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88.jpg
ナチュラルヒストリーミュージアムさんからお借りしました。

http://chiaroscuro.fc2web.com/naturalhistmus/naturalhis27.JPG

どうやって削りだしたのか? 黒曜石による「猿の壺」です。(これもアステカ)
%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AB%E7%9F%B3%E3%81%AE%E5%A3%BA.jpg

http://plaza.rakuten.co.jp/hoshinokirari/diary/?act=reswrite&res_wid=200712220914057896&d_date=2007-12-19&d_seq=0&theme_id=34690さんからお借りしました。

アステカの「フリントナイフ」と呼ばれる飾り? 凄くアピールのある造形です!
生贄になった人の頭蓋骨を、心臓を抉り出したナイフで飾ったものだといわれています。目玉は貝殻に黒曜石を象嵌したものが嵌め込まれています。
%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AB%E3%80%80%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95.jpg
インカ マヤ アステカ展HPより

http://www.3bunmei.jp/blog/category.php?k=%E4%B8%89%E5%A4%A7%E6%96%87%E6%98%8E%20%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98

「文明」の発達と、「豊かさ」との違いについて、新大陸の文明は示唆に満ちています。

投稿者 nandeya : 2008年03月07日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2008/03/469.html/trackback

コメント

モーセの方がザラスシュトラより早い人では?

投稿者 ムー民 : 2008年7月3日 08:59

(BC586)[オリエント]ユダヤ教:救世主(メシア)がこの世の終わりにユダヤ人だけを救うという選民思想。
(BC550)[オリエント]ゾロアスター教:開祖はザラスシュトラ。善と悪の二元論が特徴。世界最古の一神教と言われる。

投稿者 民芸員 : 2008年8月2日 18:29

一神教という説は今では否定されております。

投稿者 民芸員 : 2008年8月2日 18:31

>ムー民さん
正解です!!
モーセ(ユダヤ教)が先ですね。
指摘、ありがとうございます。

投稿者 ちわわ : 2008年8月5日 19:37

>民芸員さん
確かに、アヴェスターによるとそうなってますね。
早計でした。すみません┏◯ペコリ
指摘、ありがとうございました。

投稿者 ちわわ : 2008年8月5日 19:46

なぞとき工房 解明企画 です。 一度講座をご体験下さい。
【内容】日本人の課題と生きる意味を探る楽しい真理探究室 太陽、日の丸の日本民族がまず真っ先に知っておくべき最重要課題
【一言】昔話は近代日本の宿命を幼い心に刻む為に与えた予言。ユダヤの神殿理想が日本で実を結ぶ歴史の仕組みを探求します

投稿者 bunbun : 2009年6月17日 11:54

ゾロアスター教の最高神、アフラ・マズダー
アフラ・マズダーの神格は、メソポタミア時代から存在し、やはり最高神に近い高い神格を有していたのでしょうか?

投稿者 asura : 2011年11月28日 18:35

コメントしてください

*