2008年3月25日

2008年03月25日

「自我」の壁を突き破ろう!

●新しい活力源をしめすことなく「市場社会」が壊れようとしています。
このまま世界は崩壊し、滅亡への道を歩むことになるのでしょうか?
この40年を振り返ってみると、’70貧困の消滅→私権の衰弱→自我の衰弱⇒本源回帰という大きな時代潮流は、誰の目にもあきらかになってきました。
このことは、新しい時代とは、私権社会から本源=共認社会への大転換であるということを示しています。
にもかかわらず、モンスター・ペアレンツや自己中殺人は残存し、マナー規制や労基法など、個人の権利を正当化する制度は、強化される一方です。
もはや弊害しか生み出せない「自我→私権」を最後の砦として守ろうとする社会。
何か根本的に誤っているとしか言いようがありません。
上記の時代潮流を、対象化し、新しい時代を実現しようとしたとき、真正面に立ちはだかるのは「自我」の壁です。
①この「自我」を縄文人は、どのように封鎖してきたのか?
②弥生人は、一気に「自我」を発現させてしまったのか?二層構造で、大衆は「自我」を封鎖し続けたのか?
過渡期の現在、②の追求も不可欠ではないでしょうか。
このブログでも、弥生時代の大衆に焦点をあてた投稿は、皆無に近い状態です。
今後、しばらくは、「自我をどう始末したのか?」という観点からの追求をしていきたいと思います。
できれば、皆さんの協働をお願いします。
   応援お願いします :roll:  
      Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

投稿者 naoto : 2008年03月25日