2008年3月7日

2008年03月07日

新大陸の文明は石器時代?金属の使用から文明を問い直す。

歴史学では、「石器時代」→「青銅器時代」→「鉄器の段階」という順で文明が発展したと捉えられています。
その視点でみるとインカ・マヤ・アステカといった新大陸の文明は(青銅の使用すらない)未発達な「石器時代のままの状態」で高度な文字や天文学、建造物をつくった不思議な文明という見方がされるわけです。
“鉄や銅を使う必要がなかった文明の不思議“ 2008/02/23参照
金属の剛性と靱性、そして加工の難度は、
銅<青銅<鉄
の順で、これは「武器」つまり、「殺傷能力」を向上させる必要性が、よりそれに適した金属の使用を生み出していった過程だといえます。
“旧大陸における鉄器の発達の歴史” 2008/02/25 参照

%E6%AD%A6%E5%99%A8%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2.jpg
新大陸では、金属が、武器や道具に使われなかったのはなんで?を考えてみましょう。

(さらに…)

投稿者 nandeya : 2008年03月07日