2008年3月2日

2008年03月02日

中国:巨大国家の成立構造・・・・・戦乱→人々の潜在的な思念が儒教と巨大国家を生み出した・・・・

紀元前6百年頃から相次いで、世界的な宗教が生まれています。ユダヤ教仏教、そして儒教
この時代に世界的な宗教が相次いで生まれたのは、なんでだろう?この時代は、巨大な国家が成立し徴税や身分制・奴隷制などの支配機構が、完成した時代。
特にユダヤ教、仏教の場合は、巨大帝国が成立していく状況で、異民族による支配と奴隷的な境遇の中で、なんとかしてその苦しみから逃れたいという人々の思いがあり、その思いを対象化した仏陀やモーゼが、なんとか頭の中だけでも救いを求めて、神への信仰や解脱への道を作っていった。
中国の儒教の場合は、状況が少し異なっていたようです。中国では、紀元前770年~紀元前221年の秦の成立まで、実に500年にわたって中国は戦乱が続き、諸国がせめぎあう不安定な状況が続いていた。(春秋戦国時代)
Map01.jpg
【戦国時代の中国】戦国の七雄よりお借りしました

(さらに…)

投稿者 ihiro : 2008年03月02日