2009年4月23日

2009年04月23日

神仏紛争(物部VS蘇我戦争)~その実態は?~その1

古代日本(6~7世紀)において、蘇我氏物部氏による、仏教と神道を巡る争いがあったと「日本書紀」は伝えているが、果たしてそれは、神仏紛争と言われるような、宗教対立だったのだろうか?
歴史の教科書も、幾多の説も、ほとんどが、宗教対立から発生したものであるとしているが、蘇我=仏教、物部=神道とは、単純にはいかないように思われる。
なぜなら、物部の土地には渋河寺があり、蘇我の土地には、宗我都比古神社、入鹿神社があり、両氏族とも、仏教も神道もどちらも取り入れていた可能性があるのだから。
そこで今回は、仏教公伝、神仏紛争の事実関係を、国内外の情勢を交えて見ていきます。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 jomon10 : 2009年04月23日