2009年4月18日

2009年04月18日

アメリカ文明の基層を探る~最古のメソアメリカ文明[サン=ロレンソ]~

古代アメリカシリーズ中間整理にある「都市国家が出来たのはなんで?」がテーマです。
今回は、 「モンテ=アルバン」よりもさらに古い「サン=ロレンソ」遺跡を調べてみました。(どちらもメキシコです)
●文明以前のメソアメリカ
メソアメリカでは、5000年前位から住居跡とみられる遺跡があちこちで見つかっており、3800年前頃からは土器も見つかっている。住居は木と土で作られており、土器はヒョウタンの形をしたものが多く、地域や時期によって形態に違いがある。
日本の縄文時代と似た集団、社会構造だったのではないだろうか?
%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%9C%9F%E5%99%A8.jpg
メソアメリカの土器   
図版はこちらからお借りしました。
●3200年前~2900年前 オルメカ最古の「サン=ロレンソ遺跡」
ところが、これらの住居跡遺跡とは明らかに異なるものが遺跡がある。3200年前に「サン=ロレンソ」をはじめとしたメキシコ湾岸低地に興ったメソアメリカ最古の文明「オルメカ」である。オルメカの名は現地の言葉で「ゴムの地」に由来する事が示すように、一帯は熱帯雨林地域(ジャングル)である。

(さらに…)

投稿者 nandeya : 2009年04月18日