2009年8月21日

2009年08月21日

テンプル騎士団はやがてフリーメイソンに・・・

こんにちわちわわです。
カッピカッピさんに引き続き、テンプル騎士団についてお送りします。
Templarsign.jpg
●オカルト化したテンプル騎士団
現在、テンプル騎士団の名前は、怪しげかつオカルトチックに語られています。映画でも大ヒットした「ダ・ビンチ・コード」などがその最たる例でしょうが、これはやはりフィリップ4世の不当な弾圧によるところが大きいと思われます。
彼は騎士団の資産を乗っ取るため、騎士団が悪魔崇拝や黒魔術を行なっていたとのウワサをばら撒いてその地位を失墜させました。無論それは真っ赤なウソなのですが、19世紀に歴史学者らによって研究されるまで、騎士団の汚名が晴らされることはありませんでした。
また、俗に言う「ジャック・ド・モレーの呪い」も、騎士団の怪しいウワサを世に広めさせました。
ジャック・ド・モレーはテンプル騎士団の最後の総長だった人物です。フィリップ4世が強要する異端審問に際しては、過酷な拷問にも耐え、最後まで異端崇拝を全面的に否認していたといわれています。
1314年モレーはセーヌ河の中洲で十字架に架けられて生きたまま火あぶりに処せらました。そのとき、彼は「私は国王と教皇を許さない。1年以内に、必ずや神の法廷に引きずり出す」と呪いの言葉を吐き、その言葉どおり、、ひと月後にはクレメンス5世が、8ヶ月後にはフィリップ4世が46歳の若さで急死しています。
テンプル騎士団あやしいと思った方↓↓ぽちっと!
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 tiwawa : 2009年08月21日