2009年8月13日

2009年08月13日

NHKスペシャル「日本と朝鮮半島2000年」第4回放映~そして「日本」は生まれた

シリーズNHKスペシャル「日本と朝鮮半島2000年」第4回です。
そして「日本」は生まれた~白村江の終戦から律令国家へ
7月26日に放映された内容の要約を記事にまとめました。
前2回の記事と併せてお楽しみください。
NHKスペシャル「日本と朝鮮半島2000年」第2回放映
NHKスペシャル「日本と朝鮮半島2000年」第3回放映
今回の放映の時代は7世紀の乙巳の変(645)から大宝律令(701)までです。
時間のない方の為にまずは放映内容を概略してみます。
 7世紀初頭までに倭国は蘇我入鹿が支配していた。7世紀半ばに入鹿暗殺という二本史上の大事件が起きるが、この乙巳の変(大化の改新)とは単なる権力闘争ではなかった。この事件は朝鮮半島との外交戦略を巡る対立から発生した。
唐という大国が登場し、朝鮮半島が戦乱にまみれると、その動乱の影響は同時に倭国にも伝染し、対唐戦略の元、新羅、百済、倭国の間で様々な政治緊張関係が発生した。

わずか50年の間に親百済→親新羅→親百済を経て律令国家として自立した倭国は8世紀初頭には唐や新羅と対等に外交する国家へと体制を固めていった。
その為に必要だったのが律令制度であり、強大な都(藤原京)の建設であり、天皇という称号であった。8世紀初頭に唐に行った遣唐使の際に初めて対外的に日本という国号を用いた。

白村江の戦いで半島に上陸すらできずに唐の水軍の前で赤子のように敗北した倭国がわずか30年で新羅に追いつき律令国としての体制を整える事ができたのは百済滅亡が大いに関係していた。
今回の放映はその歴史的な綾を史実や史跡を元に解説していきました。
NHK製作なのでどうしても政治的な配慮が気になりますが、また史実なのかNHKの推測なのか曖昧な表現もあり、???がついた部分もありますができるだけ正確に伝えたいと思います。
それでは中身について詳報させていただきます。時間のある方は以下もご覧になってください。
この番組見た人、見なかったけど興味有りという方、ポチッと応援お願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 tano : 2009年08月13日