2009年8月7日

2009年08月07日

ローマ・カトリック教会が国=皇帝を超えて組織化されたのはなんで?.

:D くまなです
キリスト教を爆発的に広めたパウロキリスト教の拡大~ミラノ勅令でローマ帝国の公認宗教へに続けます。
800px-Basilica_di_San_Pietro_front_%2528MM%2529.jpg
総本山であるサンピエトロ大聖堂(カトリック教会より)
ローマ・カトリック教会は教皇を頂点とする世界統一組織です。現在ローマ法王は世界に約10億人といわれるカトリック教徒・カトリック教組織の頂点に存在します。その起源は西ローマ帝国(西暦395年~476年)を基礎としたローマ・カトリック教会にあります。
同じ時代には、同じカトリックの流れを汲む東方正教会があります。ここでは、各教皇は皇帝に従属していました。例えば、教皇を任命したり辞めさせたりしていました。
ローマ・カトリック教会で実現した統一組織が権力の集中を生み、その後の力の基盤を形成してゆくことになるのです。今回はその原因構造に迫ります。
まずはポチっと応援よろしくお願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 kumana : 2009年08月07日