2009年6月17日

2009年06月17日

NHKスペシャル「日本と朝鮮半島2000年」第2回放映

NHKスペシャル「日本と朝鮮半島2000年」~任那日本府の謎の第2回が先日5月31日(日)に放映されました。番組で報道された内容を切り貼りでレポートします。
戦前の日本の教科書には朝鮮半島南部の地域を任那と呼び、「わが国に従える任那」と呼んでいた。日本が半島の一部を支配していたという歴史観が明治時代から60年間続いていたのです。しかし、この記述は戦後見直され、「伽耶地方は小さな国に分かれていた」という簡素な表記に変わり、日本が朝鮮半島を支配したという事実はない事になっています。
一方、韓国での記述は以下のようになっています。
「高句麗が倭軍と戦う新羅を助けるために伽耶を攻撃する事になり、金官伽耶は大きな打撃を受けた。」倭軍は新羅に軍事的干渉をし続けていた事になっています。日本の干渉が金官伽耶の滅亡に関与しているかのような書き方で、日本側の認識とずれています。
韓国と日本での両国の古代史観はまだ途上にあり、諸説が並んで決着がついていません。
それでも韓国内で進んでいる遺跡発掘から徐々に日韓の古代の有り様が明らかになってきています。
古代の朝鮮半島と日本との関係は何が事実なのか?それがNHKのシリーズの一貫したテーマのようです。今回はその第2回目、4世紀~5世紀の韓半島内での倭国との関係について扱われました。
先日、ほんの一瞬ですがランキング1位に輝きました!(現在2位です)ぜひクリックしてみんなの応援で1位にお願いします!Blog Ranking   にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 tano : 2009年06月17日