2009年3月21日

2009年03月21日

北方モンモンゴロイドの渡来からマヤ・インカ文明への道筋は?~メキシコでの農業の開始から要塞都市(モンテ=アルバン)の建設まで~

今回のテーマは、古代アメリカでの農業生産からマヤやインカといった文明に至る筋道なのですが、一体なぜ文明が興ったのか?というテーマそのものでもあります。
歴史の教科書では、
0.農業の発明

1.富の蓄積と灌漑事業の必要

2.権力者の出現と階級社会

3.文明の発祥

と書かれる事が多く、確かにそういう順番で遺跡が発掘される例が多い。
ところが、なぜそうなったのか?を考えると、これらは論理的には繋がっていないのです。
アメリカ古代文明を探求する事でその構造を切開しようというのが本編のねらいなのですが、やはり難問です。 :roll:
そこで、メキシコの「テワカン谷での農業の確立」に続き、(その南西160kmにある)「オアハカ盆地の要塞都市(モンテ=アルバン)」を取り上げ、文明の発祥を(仮説思考で)提起する事にします。
↓こちらのクリックも、お願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 nandeya : 2009年03月21日