2009年3月9日

2009年03月09日

後期旧石器時代の日本:遺跡間接合~世界的にも珍しい”交流を示す?”

少しわかりにくい言葉ですが、今日は遺跡間接合をテーマにしたいと思います。考古学用語の様で、その意味するところは、
「それぞれ別の遺跡で見つかった石器が、もともと一つの原石から作られたことが判明する」こと。
ここに、人類の本性は共同性にあるるいネット)が見えてきます
単なる考古学的な論証に終わらすのではなく、その背景を鮮明にしてみたいと思います。
参考図書 日本の歴史01 縄文の生活誌 岡村道雄著 講談社学術文庫
byさーね
応援よろしくです!
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 sawatan : 2009年03月09日