2007年7月30日

2007年07月30日

中国人の二重規範

古代中国ファンの皆さま、こんばんは。
中国に村落共同体は存在しなかった。の記事に対し以下のコメントがありました。

中国の個人主義を西欧のそれと区別しなければならないと思います。
 中国人は一旦信頼関係を結ぶと友人を絶対に大事にします。
 つまり仲間にさえなれば絶対的な協働関係が維持できるのです。
 中国という集合体が4000年以上に渡って多民族の合衆国であり、拠り所となる規範や集団が自らの
 家族しかないという辺りが、その特殊性を作っているのかと思います。

たしかに西欧の個人主義とは違い、信頼できる仲間は大事にしますね。しかしその一方では欲の塊で殺し合いも辞さないという側面も持ち合せてます。
その二重構造は、いったい何を背景に、どこから生まれているのでしょう?
中国4000年の歴史において連綿と連なる民衆の意識構造について、「中国人の二重性」を参考にしながら考察してみます。
↓↓多くの方に見ていただけるよう、応援よろしくです↓↓
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 nishipa : 2007年07月30日