2007年7月21日

2007年07月21日

インカにおいてミイラの意味・役割を探る-2(王様のミイラ)

今回はインカにおいてミイラの意味・役割を探る-2として「王様のミイラ」について追求してみたいと思います。 :D
そもそもインカ帝国におけるミイラは、庶民の場合も同様ですが、その人の生前と同じ扱いをミイラも受けるというのが一般的なようです。
生前と同じ衣服も身にまとい、食事をさせられ、性生活までさせられた!ようです。
そのあたりを少し詳しく見ながら、何のためにそうしたのか、そしてそれが王のミイラにとってどんな意味があったのかを考えてみたいと思います。
まずはその前に、いつものようにポチッと応援お願いします↓
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 saah : 2007年07月21日