2009年2月10日

2009年02月10日

殆どの日本人は本土クラスターと琉球クラスターに分かれる?

現代日本人のルーツについては南方アジア系、北東アジア系の二重構造説(2006年12月07日投稿されています。「二重構造モデルの補足の補足」  人類学者の埴原和郎氏が主唱している説)と、そうではなく4つのルートがある(2006年12月07日   日本人はるかな旅
→「弥生時代の渡来人」がやってきたルートは4つある )と言う説と未だ定説となるものがありません。
●昨年9月彼のノーベル賞受賞者野依良治氏が理事長をつとめる、独立行政法人理化学研究所が1人あたり約14万個所のDNA塩基多型を用いて日本人の集団構造を解明した。
%EF%BC%B3%EF%BC%AE%EF%BC%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%88%86%E9%A1%9E.gif図1
7,000人以上の日本人の常染色体上のDNA塩基多型情報を解析 し
○ほとんどの日本人は、本土クラスター、琉球クラスターの2つに大別 され
○本土でも遺伝的な地域差があることが判明した
バナークリックをよろしく
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 ryujin : 2009年02月10日