2007年1月23日

2007年01月23日

人類の起源を語った神話

お久しぶりの ちわわ です。
今では食物連鎖の頂点に立ち、世界で65億人にまで膨れ上がった人類ですが、人類の起源は何なのか?
古代の人達は神話でさまざまな説を語っています。
その前にぽちっとよろしく↓
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ
 世界各地に、人類の起源を語った神話がある。中国の神話では、女神が泥から人間をつくったとある。最初はひとりづつ丁寧に作っていたのだが、やがて面倒になったのか、泥の中に綱をひきずって、跳ね上げた土をそのまま人間にしたのだそうだ。きちんと作ったものは富貴な人となり、いいかげんに作ったものは卑賤な人間になったという。
images.jpg
 また、キリスト教徒が「旧約聖書」とよぶユダヤ教の聖典では、神が土の塵からアダムという男がつくられ、アダムの肋骨からイブとよばれる女がつくられたとある。その他、北欧神話は木から、マヤの神話はトウモロコシから人間が生まれたと語っている。
http://homepage3.nifty.com/ryuota/earth/history01.html
 残念ながら、そのような夢とロマン(?)にあふれた神話群は、現在ではあまり面白みのない「進化論」にとってかわられ、忘れられてしまっています。人類とは猿から枝分かれした種で、生物学上は霊長目のなかのヒト科ヒト属となり、ヒト科をほかのサルたちと区別するポイントは、「直立二足歩行をする」かどうかで、脳の大きさなどは分類には関係ないそうです。
実現論では人類の起源は「樹上から落ちたカタワの猿」と定義していますが、直立2足歩行は人類にとって何故必要だったのでしょうか。

投稿者 tiwawa : 2007年01月23日  

2007年01月23日

北の古代史~続縄文

先日のエントリーで、tanoさんが、縄文時代の区分を紹介されていますが、北海道においては、本州の縄文時代が終わった後も、縄文時代が続いており、さらにその次に「続縄文」という時代があったようです。
実は、何を隠そう私も「続縄文」という言葉を知ったのは、つい最近のことでして、「えっ、縄文時代には続きがあったの?」と、ちょっと驚いたので、調べてみました。
まずは、北海道における時代区分。
約30,000年前~10,000年前  :旧石器文化
約10,000年前~約1,800年前 :縄文文化(早~晩期までの5期区分)
約1800年~1500年前       :続縄文文化
約1200年~600年前        :擦文文化 
約1200年~600年前        :オホーツク文化
約600年~200年前         :アイヌ文化
約200年~現在            :近・現代(和人による支配、同化政策)

%E5%B9%B4%E8%A1%A8.jpg
http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nyumon.html
(アイヌ文化入門より)
 
 
上記年表をみると、本州が弥生に入ったあとも、しばらくは縄文時代が続いた後に、続縄文時代に入ったことがわかります。
では、縄文文化と、続縄文文化との違いはどこにあるのでしょうか。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 yuyu : 2007年01月23日