2007年1月22日

2007年01月22日

古代市場1:貨幣(コイン)の始まり~国家(支配者)が発行した~

こんにちは、Hiroshiです。
最近縄文と文明も、縄文・メソポタミアから中国も含め範囲が広がってきましたね。
さらに深く追求するため、数回にわたって古代の市場を追求してみたいと思います。ここでは西アジアから地中海が舞台になると思います。
まずみなさんが普段使っている“お金”(貨幣、コイン)の起源から入りたいとおもいます。
お金っていつ頃なんのためにできてきたのでしょうか?

まずは、世界で最初のお金(コイン)はこれ!
C0019.jpg
[■リディア王国 1/3ステーター貨 ] ヨーロッパコインの源流さんよりお借りしました。
>ヘロドトスほか古来の伝承が伝えていることは、円型の金属片に刻印を打ったコインの発明はリュディアのギュゲス王の仕事であったということである。彼は紀元前670年に金73%、銀27%の合金であるエレクトロンのコインを作成したのである。(『文明の「血液」』)
↓応援よろしくお願いします。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 ihiro : 2007年01月22日