2009年5月10日

2009年05月10日

鮮卑系の遊牧民王朝の隋(文帝)が本源共認の代わりに律令制を完成

中国:北魏 律令制は乱世の中で発展していく非常時のシステムからの抜粋です。
>律令制は強力な中央集権国家を作って人民の生産力や戦闘力などを国家に効率よく集中させることが出来るシステムであったので、この律令制を効率よく運用し発展させた国家が乱世の中で勝ち抜くことが出来るという特性もありました。言い換えると、律令制は乱世の中で発展していく非常時のシステムであるのです。
zuibuntei002%5B1%5D.jpg隋:文帝
戦闘力(徴兵制度)がどのようにして国家(統合階級)に効率よく集中させることが出来たのかを追いかけてみます。
又、この統合階級の闘争下での民の意識がどうだったのかも押えてみます。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 sakashun : 2009年05月10日