2010年8月11日

2010年08月11日

シリーズ:『イスラムを探る』 第11回 イスラムの可能性は?

シリーズ『イスラムを探る』今回で11回目です。
%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E9%81%94.jpg
日本と同じくらい集団性・共同性が高いとしたら、それはイスラムではないか?だとしたら、市場社会崩壊後、混乱する国際情勢の中で秩序維持の可能性がある(協働できる)のはイスラム世界ではないのかという仮説・問題意識
に立ち戻り、いままで探索してきたイスラムの世界と日本の世界を再度、検証してみたいと思います。
◆下記はいままでのシリーズ:『イスラムを探る』のみなさんの記事です。
 『イスラムを探る』 プロローグ
 第1回 イスラム社会ってどんな社会?
 第2回 イスラム教誕生前夜の状況
 第3回 ムハンマド登場と急拡大したイスラム教
 第4回 急激な市場化の中で生まれたイスラム
 第5回 イスラムの経済原理
 第6回 イスラム共同体:規範と貨幣により結合された超共同体
 第7回 イスラム帝国の拡大と分裂
 第8回 イスラム教とユダヤ教、キリスト教を分けたもの
 第9回 イスラム法は共同体の充足規範体系
 第10回 科学的思考と知識の追求を基本とする「イスラム科学」の歴史
応援よろしくお願いします :wink: :D
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 2310 : 2010年08月11日