2008年11月8日

2008年11月08日

大化の改新の偽り(その1) ~蘇我氏悪玉説への疑問~

大化の改新(たいかのかいしん)は飛鳥時代の孝徳天皇二年春正月甲子朔(西暦646年)に発布された改新の詔(かいしんのみことのり)に基づく政治的改革。中大兄皇子(後の天智天皇)らが蘇我入鹿を暗殺し蘇我氏本宗家を滅ぼした乙巳の変(いっしのへん)の後に行われたとされる(この暗殺事件を大化の改新と呼ぶこともある)。天皇の宮を飛鳥から難波宮(現在の大阪市中央区)に移し、蘇我氏など飛鳥の豪族を中心とした政治から天皇中心の政治への転換点となったという。(ウィキペディアより)
「大化の改新」といえば、むしごめ喰って。。。で年号(645年)を覚えた人も多いと思いますが、蘇我氏が暗殺された理由は、氏族の力を弱めて天皇中心の政治に改革する為ではなく、単なる皇位継承を巡るクーデター だとする見方がある様です。
このことは、後の権力者により日本書紀の記述が捏造されていたことを意味します。
この大化の改新には、誰もがよく知っている人物「聖徳太子」も関係しています。
写真は、21世紀中国総研より拝借しました。
Prince_Shotoku.jpg
まずは、 からよろしく。
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 maeyan : 2008年11月08日