2008年11月1日

2008年11月01日

古代人の森林破壊~ギルガメシュ叙事詩より~

お久しぶりです。ぴんぐ~です
突然ですが皆様、『ギルガメシュ叙事詩』ってご存知ですか?
『ギルガメシュ叙事詩』とは、世界最古の文字、楔形文字で書かれた古代メソポタミアの文学作品です。
なんとこの物語、森の神殺し から始まるのです。
%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%8F%99%E4%BA%8B%E8%A9%A9.gif  %E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%8E%E3%83%B3%E6%9D%89%E2%91%A0.jpg
 (ギルガメシュ叙事詩の粘土板)     (レバノン杉)
ユーフラテス川の下流域にウルクという都市国家があり、そこの王様 ギルガメシュは自分の町を立派にするためには が必要!ということで、レバノン杉の森に出かけていきます。
みんなは、「レバノン杉の森にはフンババという森の神がいて、行ったら殺されるからやめとけ :x 」と言うのですが、ギルガメシュは半身半獣の神様エンキムドゥの助けを借りて、森の神フンババと戦い 、殺して、とうとうレバノン杉の森を手に入れるのです
でも、なんで森の神を殺すことが、物語になる程ギルガメシュ王の武勲とされたのでしょう?
不思議ですよね
ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。
Blog Ranking   にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 pingu : 2008年11月01日