2007年10月9日

2007年10月09日

胡椒が高価だったのは。。。

こんばんは~ 、みつこ :D です。
突然ですが、今日は大航海時代の胡椒について。
当時のヨーロッパでは、
「胡椒一粒 は黄金一粒 」と言われたくらい、胡椒はとーっても高価だったんです。
なんと !!喜望峰を見つけたバスコ・ダ・ガマが持ち帰った胡椒は、仕入れ値の60倍で売れたそうです。
すっごーい
一般的には肉 の保存、ニオイ消しに使うため必要だった、、、って説明を聞くのですが、でもでも、果たしてそれだけなのでしょうか?

だって、保存するためなら、古くからヨーロッパで栽培されている『にんにく』 でいいじゃん!!わざわざ高価な胡椒でなくったっていいじゃん!!
うーん、なんでだろう?
なので、ちょいと調べてみました。
そうやなー。そのために、命かけてまで大海原 に出かけてゆくかー
そう思ってくれた方、応援してから続きを読んでくださーい お願いします♪
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ
ありがとうございます

(さらに…)

投稿者 mituko : 2007年10月09日