2010年6月11日

2010年06月11日

シリーズ「インドを探求する」第3回 ~地理的観点からインド史を観る

こんばんは。
不思議の国、インドシリーズですが、今回は、インドの歴史の概況について紹介していきます。
インドといっても、広大な国土で、一つの王朝も多岐に渡り、一口には語りきれませんが、大きな捉え方としては、アリーア人の侵入以降、外部周辺地域の他民族の侵入を期に王朝の移り変わりを繰り返してきた北部インドの地域と、アーリア人の侵入以前から存在し、他民族の侵入に押しやられるように南部地域に移動し居住域を構えた、ドラビダ人が中心の南インドに分けられます。
こうした、南北インドの違いの主要因として、その地理的条件が大きく影響していますので、まずは、インドの地理的条件から見ていくことにしましょう。
(地理的、歴史的にインドを見ていく場合、現在の国家としてのインドの他、パキスタンやバングラディッシュ等周辺諸国も含めた地域全体として捉えていく必要があります。)
 
 
 
%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC1.jpg
<ガネーシャ神> 
さるみみの見た世界 HPより
  
  
 
↓続きは、ポチットの後で!!
Blog Ranking   にほんブログ村 歴史ブログへ
 
 
 

(さらに…)

投稿者 yuyu : 2010年06月11日