2009年1月8日

2009年01月08日

イスラム教の成立過程

%E7%84%A1%E9%A1%8C.bmp
こんばんは~ 【チーム・宗教】さらに追求を続けます
イスラム教ってどういう宗教なんでしょう?
国連などのデータに基づいたバチカンの最新統計年鑑によると、2006年度の世界のイスラム教徒人口はカトリック教徒人口を抜き、世界第一位 。発表された統計によると、2006年の世界人口65億人のうち、イスラム教徒は19%以上、カトリック教徒は17.4%。(ただし現在は第2位というサイトもあったりしてはっきりしません 。キリスト教徒と拮抗しているのかもしれませんね。)
イスラム教徒(=ムスリム)が居住する地域は現在ではほぼ世界中に広がっていますが、そのうち西アジア・北アフリカ・中央アジア・南アジア・東南アジアが最もムスリムの多い地域。特にイスラム教圏の伝統的な中心である西アジア・中東諸国では国民の大多数がムスリムです。ただし、世界的に見ればムスリム人口の大部分は中東諸国以外の人々であり、世界のムスリムに占める中東諸国出身者の割合は20%に留まっています(このあたり不思議ですね)。
さて、今日は、このように広まったイスラム教の成立背景を調べてみます。
イスラム教は商人の宗教!
宗教から国家が成立?!
イスラム教国家が拡大したのはなんで?
応援、お願いします!
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ
ありがとうございます

(さらに…)

投稿者 mituko : 2009年01月08日