2009年1月2日

2009年01月02日

ユダヤ人全滅思想の出所。

こんにちわちわわです。
ユダヤ民族は迫害と流浪の歴史を繰り返してきました。何故ユダヤ民族は他民族から嫌われ迫害されつづけたのでしょうか?
images.jpg
以下は紀元前500年ころ、ペルシャ帝国時代に、重臣ハマンが帝国全ての州に送った書簡の中身です。
 ある反逆的民が、世界のすべての民の中にまじっており、その民の律法は、ほかのすべての民の律法に相反している。・・・この民だけが、全人類と絶えず悶着を起こし、法にそむいて生き、秩序ある国の安定に逆らい・・・(私は)あなたたちにこの勅命を出す。指定したもの(ユダヤの民)はみな、女も子供も例外無しに、あわれみも容赦もなく・・・徹底的に全滅され、取り除かれるようにと定める。それは、今までの、また現在のこの敵どもを一日で、力尽くで冥土に投げ落とし、今からのち、国の安定と平和を(王が)保障するためである。(旧約聖書「エステルの書三章十三)
このハマンのユダヤ人絶滅思想はユダヤ人モルデカイのヤハウェの神に対する嘆願をペルシャ王がうけいれたため、ユダヤの民は救われることになるのだが、ローマ帝国に移行しても、ユダヤ民族は幾度となく蜂起や氾濫を繰り返していきます。
ユダヤって何者?と思った方↓↓とちっと!
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 tiwawa : 2009年01月02日