2008年12月29日

2008年12月29日

坂東は出雲国?(2)

いよいよ今年も押し迫ってきましたが、前回に引き続き、今回は紀伊国を追われた毛野族の秘密に迫ります。
坂東千年王国論【抜粋・一部加筆】
【毛野族の系譜】

記紀の皇統譜欠史八代の倭国とは、元出雲国だったのではないか。
だから「出雲の国譲り」とは、山陰出雲のそれではなく、倭国内の出来事であり、それまでの倭国=元出雲国を構成した成員たちは何処かへ退去、移住する他なかったのである。毛野族が紀伊国から移住し、それまで祭っていた出雲神を聖地ニ荒山に遷したのもその結果であった。
とはいえ、元出雲国の成員の全てが倭国から退去したわけでもない。
例えば、毛野族が東の国へ移った後の紀伊国には、後の紀伊国造族がいた。
葛城高尾張から尾張族が退去しても葛城族は残り、後の蘇我氏となった。
彼等は倭国の新たな倭王権の元でそこに居着いたのである。
同じことは毛野族の内部でもおきたようで、撤退組と居残り組に分れた。

続きを読んでみようという方は応援お願いします :roll:
   Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 naoto : 2008年12月29日