2008年12月26日

2008年12月26日

ユダヤ教が誕生するまで

カッピカピさんが「なんでユダヤ人を追及するのか?」を投稿してくれました。今回は、ユダヤ民族の原点であるユダヤ教ができるまでの過程を確認したいと思います :D
BC2000年頃、古代メソポタミアのウル王朝が滅ぼされ、ハランへと北上しカナンの地を目指すセム系半遊牧民族の中にアブラハムの一家がいました。アブラハム一家はカナンに半定住
族長の位はアブラハムから子供→孫へと受け継がれて行ったが、孫のヤコブ(後にイスラエルと改名)の子ども達はそれぞれが部族を作り、イスラエル12部族と呼ばれるようになります。
その一部族であるのヨセフ族は、飢饉のためエジプトに移住。この頃エジプトを支配していたセム系遊牧民ヒクソスが倒されて新しい王朝に捕まり、この時からヨセフ族の奴隷時代が始まります。
ここからユダヤ民族波乱の歴史がはじまるのです。
    %E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BB.jpg
応援クリックお願いします。
Blog Ranking   にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 pingu : 2008年12月26日