2008年12月16日

2008年12月16日

渡来人が運んできた妻問婚

『知られざる人類婚姻史と共同体社会』に、日本の婚姻通史が紹介されています。↓↓
すごく分かりやすいですね!!
 原始(無土器・縄文)・・族内婚---------┬-【群婚】群
 原始(縄文・弥生)・・・・族外婚---------┘   母系氏族
   ↓
 大和(古墳)・・・・・・・・妻問婚-----< 通い>--┬【対偶婚】父系母所
 飛鳥奈良平安(初)・・・前婿取婚---┬婿取婚--┘ < 群婚的多夫多妻遺存>
 平安(中)・・・・・・・・・・純婿取婚 ---┤< 住み>     < 過渡的父系氏族=氏族崩壊>
 平安(末)・・・・・・・・・・経営所婿取婚 -┤
 鎌倉南北・・・・・・・・・・擬制婿取婚 --┘
   ↓
 室町安土桃山江戸・・・嫁取婚----------【一夫一婦(蓄妾)婚】父系< 家父長>
   ↓
 明治大正昭和・・・・・・・寄合婚----------【純一夫一婦婚】  双系< 個人型>

族内婚⇒族外婚⇒妻問婚⇒婿取婚へと推移していくわけですが、大和における妻問婚で一段の変化があるようです。
今回は妻問婚について少し調べてみました。
応援ヨロシクです。
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 nishipa : 2008年12月16日