2007年2月28日

2007年02月28日

弥生期の人口増は大量渡来か、それとも稲作化によるものか?

こんにちは、simasannです。
弥生から古墳時代にかけて、下表のように急激に人口が増えていったことは、ご存知の方も多いと思います。
suii%5B1%5D.jpg

http://www2u.biglobe.ne.jp/~itou/hon/hito.htmより引用

これについては、このブログでも以前tanoさんが投稿している、 「二重構造モデル」を提唱する埴原和郎さんの①「100万人規模の大量の渡来人によるもの」とする説と、
九州大学大学院の中橋孝博教授と九州歯科大学の飯塚勝助教授らが提唱する②「少数の渡来人による水稲耕作化と長寿命化によるもの」の2つの説があります。
考古学では「少数渡来」、人類学では「大量渡来」というように、現在もなお論争が続いています。
それぞれの主張は、そして、どっちがホント?、知りたいと思った方は、ポチッとお願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 simasan : 2007年02月28日