2007年2月18日

2007年02月18日

古代中国:祖先信仰による支配体制

弥生時代には祖先(祖霊)信仰が、日本にも来ていたのですね。
では、本場中国の祖先信仰と、支配体制の関係はどうなっていたのでしょうか?
古代中国では、殷や周の王が土地支配の拠点として都市国家をどんどん作り、そこへ諸侯や身内を派遣して支配していましたが、彼らを秩序化していたのが祖先信仰(宗法)だったようです。
↓応援よろしくお願いします
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ
 

(さらに…)

投稿者 ihiro : 2007年02月18日