2009年12月13日

2009年12月13日

アイヌ民族は縄文人の末裔か?(4)~「東北蝦夷とアイヌ人の関係を見る」

こんばんわ :D このシリーズもいよいよ中盤にさしかかってきました。
一旦ここで、これまでの流れをおさらいしておきたいと思います。
新テーマ「アイヌ民族は縄文人の末裔か」
アイヌ民族は縄文人の末裔か?(1) アイヌの歴史と文化(基礎データー編)
アイヌ民族は縄文人の末裔か?(2) ~「アイヌ論争」~
アイヌ民族は縄文人の末裔か?(3) ~「オホーツク文化」~
第1回でアイヌ文化の歴史を概観していきました。
アイヌの歴史を通史で見ていくと、アイヌ文化形成期には交易民としての特徴がみえてきます。擦文時代での和人、オホーツク文化からの影響が大きいとされ、アイヌ人の交易体質はどのようにして形成されていったのかが注目される点です。
第2回ではアイヌ起源論争のこれまでの歴史と現時点でのアイヌ史観を紹介しています。
アイヌ人の顔体の形質の特徴は北方適応した新モンゴロイドではなく、古モンゴロイドの南方形質を引き継いでいます。古モンゴロイドが基底となりその後、新モンゴロイドと混血して現在に至っている事は明らかです。ただ、南方モンゴロイド起源説と北方モンゴロイド起源説が決着しておらず、現段階では頭蓋骨から埴原氏が前者を支持し、崎谷氏、松本氏がDNAや遺伝子から後者を支持しています。
アイヌシリーズと縄文探求ブログへの応援お願いします。↓
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 tano : 2009年12月13日