2009年11月13日

2009年11月13日

縄文から流れる日本人の本源性の中身とは?-6 祭りの多面性と核心

bonodori.JPG :D くまなです
縄文人の本源性は“まつり”によって培われていたのではないか?
「祭り」の多面性と核心の中に垣間見られる“祭りの本質”からそのように感じました。
現代においても祭りには、自然や祖霊に対する感謝、年齢・性別を問わない分かち合い、みんなで合わせて踊り・唄うなど、みんなでつくる充足があります。それは古来より、人類が本来もっている共同性が培われる場であったであろうことは、容易に想像がつきます。
祭りが人類の本源性を培い、縄文人はそれを継承し続けた。
今回は、祭りに見る本源性から“縄文人の祭り”について迫ってみます。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 kumana : 2009年11月13日