2009年10月16日

2009年10月16日

縄文から流れる日本人の本源性の中身とは?-3

180px-Lrrh.jpg
wikipediaより
pinguさんに引き続き、「縄文から流れる日本人の本源性の中身とは?」パート3です。
アメリカの経済破局→ドル暴落→失業率増加→秩序崩壊、そのときアメリカ人は暴動に走ってしまうのか?アメリカのあおりを受けた日本はそのとき…暴動に走ってしまうのでしょうか?
今回は、西洋人と東洋人(日本人)の「観念体系」の違いを押え、今後の動向を予想したいと思います。
人の考え方や、観念というものは幼少期の環境に大きく影響されるといわれています。
幼少期といえば、母親にいろんな絵本を読んでもらったのを覚えています。
浦島太郎にかちかち山、金太郎に桃太郎、花咲か爺…これらの特徴は
男(雄)が主人公。
仲間を作り、弱い者を助ける勇気を奨励する。
自然、動物は人間の味方。
規範をやぶったときの罰は結構残酷。
それでは、西洋の童話はどうでしょうか?
白雪姫にシンデレラ、赤ずきんちゃん…これらの特徴は、
かわいい女性が主人公。
恵まれない身分のかわいい女の子が私権を獲得する下剋上物語。
自然、動物は恐ろしいもの。
悪いことをした人に対する罰は痛々しいほど残酷。
全体的に見て、日本は共同性を奨励し、西洋は他者に対する警戒と、自由な私権獲得という個人主義を奨励していることが分かります。
この違いはどういうところから来ているのでしょうか :roll:
今日も1クリックお願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 staff : 2009年10月16日